WebDelog

これまで Alfred Workflow の Script Filter では結果を出力する際に XML 形式で書かないといけなかったのですが、Alfred 3 からは JSON 形式で出力を書けるようになりました。

Script Filter JSON Format - Workflow Input Objects - Alfred Help and Support

{"items": [
    {
        "uid": "desktop",
        "type": "file",
        "title": "Desktop",
        "subtitle": "~/Desktop",
        "arg": "~/Desktop",
        "autocomplete": "Desktop",
        "icon": {
            "type": "fileicon",
            "path": "~/Desktop"
        }
    }
]}

Script Filter JSON Format - Workflow Input Objects - Alfred Help and Support より抜粋引用

ちなみに XML のころだと下のような感じで書いていました。

<?xml version="1.0"?>
<items>
  <item uid="desktop" arg="~/Desktop" valid="YES" autocomplete="Desktop" type="file">
    <title>Desktop</title>
    <subtitle>~/Desktop</subtitle>
    <icon type="fileicon">~/Desktop</icon>
  </item>
</items>

Script Filter XML Format - Workflow Input Objects - Alfred Help and Support より抜粋引用

これまで Workflow を作る時は直接 XML を扱うのが面倒で、 Workflows Class | David Ferguson のような API をラップしたようなものを使っていたのですが JSON 形式で出力できるようになったので使わなくなりました。